庭の贈り物 gift from my garden: 山百合花後 the rest of the story of golden-banded lilies


 この投稿は下記URLに移転しました/This post moved to:  http://magnifika.exblog.jp/13314863/  

 

 

 

 

 

 

山百合たちは自由奔放に祭りを繰り広げた後、長い茎が徐々に黄ばみ晩秋にはすっかり茶色になる。

私の出番がいよいよやってくる。なるべく茎を根元に近いところからまず切る。長さは平均2mちかくある。

それからガレージに姿よく並べて一月ほど乾燥させる。すると果包の先端から割れ始め袋果が黄金の薄い燐片のようになってはらはらとこぼれだす。

風のない日、表で大きな器に種を取り出す。種はバケツ大の器に山盛りになる。それをまたユリの領地に撒き散らす。

茎はきれいに処理され私の大好きな工程に入る。やはり風の静かな冬の日、長い茎が何十本も斜めに芝生に突き刺される。

工作用の金色のスプレーで茎はあでやかに変身していく。

かくして、室内装飾用の立派なドライフラワーが出来上がる。素性も知れているので割と気に入っている。

Every year after flowers, I leave the stalks and seeds to the nature until late autumn. After the leaves are all gone, I cut the stalks from the bottom. Each stalk is as long as 2 m. I dry them in the garage adjusting their posture straight for some time. Now finally my favorite process comes; spraying them in gold color for the festive season of the year.

The seeds I take out in autumn are scattered back to the area of lilies in my garden.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。