竿灯祭り Akita’s lantern festival


 

 

記事を移転しました。下記をご参照下さい。Kindly refer to the following URL about Kanto & Nebuta Cruise.                                                                  http://magnifika.exblog.jp/13316818/

 

 Asuka II is the biggest cruise liner of the Japanese flag. Its home port is Yokohama.

2008年8月5日/ 5 August 2008

                      竿灯祭り・ “Lantern Festival” of Akita

秋田港入港:   

船川港を13:00に出港し、15:00秋田港に入港。/arrival at Akita Port at 15:00

 

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The English article follows Japanese.

市内は太鼓、笛、威勢のいい掛け声で活気付いている。

竿灯祭りは泣く子も黙る東北三大祭りのひとつ。

毎年8月4日~7日に開催される七夕行事で、邪気払い、五穀豊穣の祈願、盆に迎える精霊のための明かり、などの意味合いを持って行われてきた。竿灯は大きな稲穂のかたちとされている。

8mもある丈の高い竿に横竿をわたし46個から48個の提灯を下げる。それを額、手のひら、腰、胸、肩などに乗せてバランスをとって高くかざす。小さい子達が順番に大人の先輩から小型竿灯を渡されては妙技を披露していてほほえましかった。竿灯の継承者については余り心配しなくても大丈夫そうだ。

笛、太鼓、鉦の乱調子も体に気持ちがいい。なんだか古い昔のファンタジーの中に迷い込んだような一夕で、余韻が心地よくいつまでも後を引いている。

The center of Akita City is totally filled with the sound of drums, bamboo flutes, and energetic chants. Forty-six to forty-eight lanterns are fixed on the bamboo frame with a long holding bamboo stick measuring 8m and weighing about 45kg. It is lifted up high by one holder to the next one being  cheered with the music peculiar to the festival.

This festival is originated in Akita, Northeast Japan. Once a year it used to energize the village, calm the spirit, and to be a prayer for a good harvest of rice in autumn. An ear of rice is the original model of lanterns.

It was a fantasic evening with the  lights and  the music left lingering in me for a long time.

 

 Magnifikaの過去投稿インデックス Magnifika’s Past Post Index  

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。