青森港入港・arrival at Aomori


記事を移転しました。下記をご参照下さい。Kindly refer to the following URL about Kanto & Nebuta Cruise.                                                                  http://magnifika.exblog.jp/13316818/

 

2008年8月6日(水)/ 6 August 2008

昨夜23:00秋田港を出航。

一夜明け、朝食の頃には陸奥湾内。遠くに八甲田連峰が望める。入港は10:00なのでゆっくりと朝食をとっていると、フィリピン人のウエイターが「マダムに」と薔薇を届けてくれる。薔薇は薔薇でも一枚の紙ナプキンを折った薔薇。こんなやさしく粋な心づかいがあるから船を降りたくなくなってしまう。

入港時には埠頭に、歓迎の笛や太鼓のねぶた囃子の面々がずらりと揃って雰囲気を盛り上げて待っていてくれる。可愛い保育園児の太鼓囃子には船上デッキから眺めていた乗客の誰もが相好をくずしてしまう。

Last night at 23 hours we left Akita for Aomori.

Before breakfast, the ship entered the Bay of Mutsu. From there we could see the Hakkohda Range far inland. While enjoying  long breakfast at the Rido Deck, the eleventh floor, we were enjoying the view. Then one of the Philippine waiters came over to my table with a rose, not real one but the one made of a paper serviette, saying “For Madame.” with a bow. Wow! Is a rose not something?

A ship’s arrival is another something. The distance between the people waiting on the pier and the passengers onboard becomes gradually closer. Many Akitaites (if there is such a word) with flutes and drums were playing festival music of welcome that stirred up our expectation for the wonderful Nebuta Festival of Aomori. Even the kindergarteners headed by their teachers played drums so well that every passenger was all smile.

 

 

岩木山 Iwakiyama紙ナプキンの薔薇Paper rose

 

 

 

 

 

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。