再び 青森ねぶた祭り Aomori Nebuta Festival again!


記事を移転しました。下記をご参照下さい。Kindly refer to the following URL about Kanto & Nebuta Cruise.                                                                  http://magnifika.exblog.jp/13316818/

 

ねぶた祭りについて: 

毎年8月2日~7日まで(七夕から発祥した行事なので7日のねぶた海上運行と花火でフィナーレ)

約1000年の歴史を持つ行事。 現在では、プロの「ねぶた師」によって製作される。

サイズ: ほとんどのねぶたのサイズは幅9m 奥行き7m 高さ5m

製作コストと運行コストを合わせると費用平均一台2000万円

「らっせら!らっせら!」の掛け声で踊ることを「跳ねる」といい、踊り手を「跳人・ハネト」という。装束が決まっていて、しかるべく正装したハネトは、ねぶたで跳ねることができる。

Aomori Nebuta Festival (Dummy Float Festival)  August 2-August 7 annually

The Festival has about 1000-year-old history. Nebuta is a doll made from wood, wire and paper, with an electric light. The size of most Nebuta is about 9m wide x 7m deep x 5m high.

It takes about a year of planning and 3 months of work for the professional Nebuta artists and desighners to make one Nebuta. Average cost of one Nebuta is about JPN¥20,000,000 (about US$ 190,000 / €125,000).

People dance and jump, calling out “Rassela, Rassela”. They are called “Haneto”. If you wear formal costume of Haneto, you can join the stream of dancers and jump.

In Nebuta Hayashi rhythm and music, drums, bamboo flutes, and small palm-sized cymbals are used.

It is believed that this festival will drive away evil spirits and bring good luck and good health.

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。