庭の贈物: 藪蘭  gift from my garden: liriope


 この記事は下記に移転しました/This post moved to: http://magnifika.exblog.jp/13317170/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花壇のボーダーの藪蘭。今年も紫の花の時期が巡ってきた。このユリ科の植物は多少生垣の陰になっても逞しく葉を広げる。花後も冬の間中丈夫な葉を保つ。春の芽が出る寸前に前年の葉を丸坊主に刈っておく。すると新しい葉の芽が出てくるところからずっとまた楽しめる。好きな植物のひとつ。別名の「山菅」(やますげ)という響きも好き。ユリ科の植物のほうでも、どうやらここを気に入ってくれているらしい。

Liriope is now in bloom at my place. They are bordering the tall hedge and floor stones. The potted ones are also very hardy. The leaves endure winter well and new shoots of leaves never fail to come out in spring. The plant, therefore, gives me a feeling of stability and quiet but welling energy.

 

     

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。