スキューバ・ダイビング “scuba diving” in response to the questions from my neighbor


 この記事は下記に移転しました/This post moved to: http://magnifika.exblog.jp/13403903/

スキューバ・ダイビングについて/ In response to the questions from my good neighbor)

(ご近所のご質問にお答えして)

必要なダイビング器材(各写真に簡単な説明を付しました。): scuba-diving gears (A brief explanation is attatched to each photo) 

 

BCD+懐中電灯/レギュレーター+コンパス、水深計、酸素残量計/ウエットスーツ 写真は3mm厚  

BCD(buoyancy control device) and a flash light / regulator-octopus, compass, depth gauge, oxygen remainder gauge / 3mm thick wet suit )

Diving gears (regulator, octopus,  compus, depth gauge, & oxygen remainder gauge)Diving gears wet suit

 

ドライスーツ(低温ダイブ用)後ろの開口部から着用。セーターを着てジーンズでも使用可。(私のは5mm厚)/スノーケルとマスク

dry suit for cold water purpose—no water comes in the suit / snorkel and mask

Diving gears dry suitDiving gears  dry suit backsideDiving gears snorkel and mask

 

フィン/ブーツとナイフ(何かに絡まったり、危険回避の必要に迫られたとき使用、ふくらはぎ脇に常備)/ウエート(海水と自分の体重比で相応の重量が決定。私の場合は7kg)

fins / boots and a knife just in case you are entangled with some floating things / weight (mine 3.5kgX2) to avoid too much buoyancy

Diving gears  finsDiving gears boots and knifeDiving gears weight

 

カメラのハウジング:写真はパナソニックのコンパクトデジカメ用ハウジング。軽くて、扱いがよいので購入。屋根裏にあるハウジングは10kgもある本格的なもの。しかし断裂した腱板はもうその重みに耐えられるだけに回復しないだろうと思い、これを購入。

camera housing: This is my newest housing device of Panasonic compact camera, light in weight and easy to handle.  I have another heavy device in the attic weighing 10kg. I do not think I will be able to recover from rotator cuff injuries so fully that I can use it again. So I bought this one. But it has been waiting for the first use.though. 

Diving gears Panasonic compact camera housing for 40m underwater useDiving gears easily opened and closedDiving gears camera houseing with all the control buttons consistent with the camera

 

ダイビング・ウォッチ これは200mまでのもの

diving watch (durable to 200m underwater)

Diving gears camera housingDiving gears diving watchDiving gears on parade

上記の器材プラス・レンタルの酸素ボンベを BCDに取り付けるとざっと20kgほどの重量になる。海に入ってしまえば何のことはないのだが、水の外では拷問に等しい。でも肩が直ったら懲りもせずこの拷問下に身をおくことになるだろう。

After equipped with the above items, you rent an oxgen cylinder and must carry it on the BCD. In total, the weight I carry is a little over 20kg. In the water, it is nothing, but out of the water, it is like a torture. In spite of that, the first place I will head for will be the sea after recovery.

 

ナイト・ダイビングについて/ In response to a question about night diving

C カードという一般的な認定を受けて世界中のダイビングハウスで酸素の供給を受けることができるが、アドバンス認定をもらうとナイトダイビングや水深30mまでの醍醐味あるダイビングができる。まだその上もあるが、私はアドバンスまで。

ナイトダイビングは、真っ暗のイメージだが夜空は意外に明るさをくれる。トーチ(懐中電気)も使用する。夜の海は、夜光虫が海中で星のごとく光を放つ。光の中を浮遊しているようなファンタジックなダイブである。また昼は岩間に身を隠している棘皮生物(ガンガゼ、ウニなど)が托鉢に繰り出してくるのでおもしろい。

You become a general diver after gaining, what we call, C-card, with which you get oxygen at diving houses world over. If you gain the advanced certificate in addition to C-card, you can dive at night and deeper to 30m, and enjoy more thrilling diving.

You may think the sea at night is pitch-black. But actually the night sky is emitting vague but nice lights. Of course, we use a flashlight off and on. The sea at night is the sea of twinkling Noctiluca. They are stars in the sea. Echinoderms hiding themselves under the rocks during the daytime crawl out for hunting and probably to amuse us.

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。