蝋燭 candle 23  絵蝋燭 japanese picture candle


 

この投稿は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13403047/

 

 

                                                           絵蝋燭  japanese picture candle

 

 

 

たいていの蝋燭には、ぱっと心が向くのだが・・・なんとなく距離を置いてしまうのが日本の「絵蝋燭」。

幼い頃よく熱を出す子供で、一直線で肺炎になったりするものだから、周囲の人をあたふたさせた。でも当人は、気持ちのよい床の中から出なくて良いし・・何よりも母や姉たちにそばで長々と本を読んでもらえるのが楽しかった。坪田譲治や小川未明の物語の主人公と知り合ったのもそういう日々のこと。

小川未明の童話に「赤い蝋燭と人魚」という悲しい・・・お話がある。

「主人公の人魚が、育ててもらった蝋燭屋の老夫婦を喜ばせようと、蝋燭に絵を描き、店に出す。その蝋燭をお宮におさめると海難にあわないと噂が広まり、寂れた北国のその町がにぎわうほどとなる。蝋燭の明かりは高台にあるお宮に明るく燈る。しかしだんだん欲が出た老夫婦は、「人魚を」見世物として売るが、売られる間際に慌てて仕上げた赤塗りのろうそくが残される。ある晩一人の女が老夫婦を訪ねてきてその蝋燭を売ってくれと言う。お金になるならと、それを売り、戸を閉めると、受け取ったお金は貝殻。その女は人魚の母親であった・・・以来、ここの絵蝋燭をお宮におさめると必ず海が荒れるようになり、蝋燭屋は商売が成り立たず、そのうちその村もなくなってしまった。」 というお話・・・

絵蝋燭をみると、このいたいけな人魚の子供のことが思われ、悲しい北の国の情景が目に浮かぶ・・・そのお話を読んでもらう度に、胸がつぶれてしまい、しばらく布団を頭までかぶっていた時を切なく思い起こしてしまう。だからあまり絵蝋燭は持っていない。みんなもらい物である。

Japanese picture candles are pretty, but the ones in the photo are all gifts from my friends and acquaintances. I do not feel like buying them myself however pretty they are. When I was a little girl, a sad story read hundreds of times by my mother and sisters was about a daughter of an adopted mermaid by a kind old couple of a candle shop. 

Here is the summary of the story for those who have time to spend here on my blog:

She draws pictures on candles to make the couple happy. After some time, there spreads a rumor that they have a strange power to calm the sea. The candles sell more and more and the old couple make a fortune. The more they have, the larger grows their greed. One day they decide to sell the girl to a show troupe for lump-sum money. The young mermaid leaves the last few candles behind. After that, not only the candle shop, but also the village has few visitors.

One evening, a beautiful woman visits the old couple and asks them to sell the remaining picture candles to her. Greedy as they are, how can they deny that? The woman leaves much money, which later turns to shells. Since then, the villagers sometimes see a candle light at the shrine of the top of the cliff, and then the sea always gets violently rough. The woman is the young mermaid’s mother. In a few years, the village disappeared.

Picture candles always remind me of this sad story. I remember the days I covered my face under the sheet for a long time each time after hearing this story.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。