フェルメール展 art exhibition: Vermeer and the Delft Style


この記事は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13541342/

 

フェルメール展  art exhibition: Vermeer and the Delft Style 

東京都美術館(上野) 12月14日まで

 

 

 

 

8月から開催されていたのに最終日の6日前に行くなんて・・・一日伸ばしにしてきた付けは大きかった。待ち時間は45分。後から来た人は一時間から一時間半。それも屠殺場に追い込まれる動物のようにぎっしりと隙間なく並ばせられて、数分毎に群れが50cmほど動くのに押されていく。来なければ良かった、としきりに後悔。でも後戻りしようにも後ろにびっしり並んだ数百人の人を掻き分けて出るのも至難の技。これからはハードなアートは遠慮しようと心に誓う。

口直しと言ってはなんだが、「国立博物館」におもむく。常設展示だけの館内は広々している。外国からの個人旅行者ばかりで10人に1人ほどが日本人入館者。静かにいにしえの人々の残したものに対峙する時間を得て、ようやく人間らしさを取り戻す。

“Vermeer and the Delft Style” exhibition at Tokyo Metropolitan Museum is closing next Sunday. I chose today for a visit, but at the moment I arrived there I realized that was a failure. I had to wait in the jammed crowd for 45 minutes before entering the exhibition room. The crowd must move foot by foot every ten minutes. I wanted to crawl out in vain, for some hundreds of visitors after me were blocking the way without any space for a sole to get through. I cannot say this loud, but I felt as if I were in a herd of animals to be led to a slaughter house. So I determined never to try to enjoy this kind of tough art.

After Vermeer, I visited the Tokyo National Museum to breathe. It has very few visitors, most of them from foreign countries, and I spent enough time to relish interesting exhibits of my culture, such as statues, folding screens, paintings, pottery, wood block prints and many others of a supreme class. And I recovered human in me and came home.

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。