南太平洋グランドクルーズ2009-6 グアム恋人岬 Two Lovers’ Point in Guam


この投稿は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13454885/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月25日(日) クルーズ6日目

Sun. January 25th   The 6th day of the cruise

 

恋人岬 Two Lovers Point 

何度もグアムに来ているのに、恋人岬には今回がはじめて。圧倒的な高さの崖、海の美しさを眺めていると、こんな伝説が長く伝えられているのも極自然に思える。

伝説:髪の長い貴族の美しい娘が家族に強いられた結婚を拒んでいるうちに、貧しい農家の青年と出会い恋に落ちる。ある夜のこと娘は家を抜け出す。追ってくる家族たちを逃れ娘と青年は恋人岬にたどり着く。だが追ってはすぐ迫ってきて二人は逃げ場を失う。「もう一歩でも近づいたら崖から身をなげますから」と追っ手に告げながら、自分の黒髪と青年の髪を固く結ぶ。追っ手が近づく気配を見せた途端、二人は崖から身を投げてしまう。二人が崖から落ちていくさまはまるで一人のように見えたと伝説は伝えている。

I had visited Guam many times but never been to famous Two Lovers Point. The first sight at the cliff and the colors of the sea was overwhelming. It is quite natural that there is a beautiful but sad love story about Two Lovers Point in Guam. 

The legend tells: A blue-blooded beautiful girl with long hair fell in love with a poor peasant young man. The girl was forced by her family to marry a Spanish Governor-General . One evening, the young man and the girl ran away and reached the point, but the girls family ran after them and found them at the point. The girl shouted to the party of pursuers, “One more step closer you would come, I will jump off the cliff”, while tying her long hair with that of her lover’s. When the party showed a slight move, they dived off the cliff. According to a local legend, the falling bodies of the two looked as just one.

 

 

 

 

 

 

熱き恋 崖に舞いしや 髪飾りし花(ブーゲンビリア)  真愚爾 風花(まぐにふぃか) 

   Wonder did I

        If the bougainvillea on the girl’s hair

             Danced down along the cliff with the passionate lovers   (Magnifika’s Japanese Haiku poem)

 

 

 

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。