南太平洋グランドクルーズ2009-8 再び荒海 South Pacific Grand Cruise: Rough Sea Again


この投稿は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13438704/ 

 

 

 

 

1月27日(火) クルーズ8日目

Tue. January 27   eighth day of the cruise

今日も引き続き14mの風の吹き荒れる暴れた海を航海。次の寄港地バヌアツ共和国の首都ポートビラに向かって南下している。その国は南太平洋の83の島々からなる自然豊かなところと聞く。がグアムから延々と5日間の航海を要する。まだ見ぬその国に着くまで3502kmの航海が残っている。

朝はジムに行って、お医者様が作ってくれたメニューで断裂した腱板のリハビリをまじめに済ませる。午後は「パレオの巻き方教室」に参加。13通りもの巻き方を教えてもらい、すっかり南国モードに切り替わる。夕刻からドレスコードはインフォーマル。

We are at rough sea today, too, with wind of 14m, heading for Port Vila, the capital of the Republic of Vanuatu, an isolated island country in the South Pacific. It is a country consisted of 83 islands. It takes us full five-day cruise from Guam to Vanuatsu. We are still 1655miles or 3502km away from the exotic country.

Every morning at ASUKAII’s gym, I faithfully carry out physical training my doctor had specially made for me before I started the cruise. So I did. In the afternoon they gave us how-to-wear-pareo class. It is amazing that one piece of cloth can be worn in 13 different ways. The class put my South Pacific switch on! I will definitely buy beautiful pareos.

11階のパーム・コートラウンジのガラスも風に飛ばされる波しぶきと、外気湿度が78%のせいでこのありさま。でも晴れてはいるので夕刻の光がこんな風に中央の竪琴を引く少女のブロンズ像のシルエットを作り出す。

Splashes of the rough waves are blown up to the 11th floor and make the glass panes of Palm Court Lounge there this much clouded. Although the sea is rough, the sun is in the sky. The harp player’s bronze statue is silhouetted against the setting sun.

  記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。