南太平洋グランドクルーズ2009-14 波 Waves


この投稿は移転しました/This post moved to:            http://magnifika.exblog.jp/13438640/

 

 

 

1月30日(金) クルーズ11日目

Fri. January 30th    Eleventh day of the South Pacific Grand Cruise 2009

 

グアムを出港してから丸5日間海は荒れている。だが今日は風が南西4mと弱まるものの、空は曇り、時折スコールもある。乗客のほとんどが船の揺れには辟易してしまっている。すると誰からともなく「船長が雨男だから海が荒れる」とまことしやかな噂が広がる。笑う人もいれば、それで納得する人もいたりする。船長とは因果な職業.

The ship has been rough since we left Guam for 5 full days. But the wind today is weakened to 4m. It is overcast and there is a shower sometimes. Most passengers have had enough of rolling and pitching, and someone must have started to say that our captain is a man who brings rough sea wherever the ship goes. That has spread in the ship by word of mouth. Some laugh, and others are convinced. And the number of the latter is larger.  So my definition of CAPTAIN: a man who does not sow, but shall reap.

 

 

 

 

 

 

 

Yo-Yo Ma Gidon Kremerのバッハ:無伴奏組曲は水平線のある眺めによく似あう。神のものなる音楽を聴きながら水平線を眺め、ひとり時空を超える。 Listening to the Back’s Unaccompanied Suite of Yo-Yo Ma and Gidon Kremer and seeing the horizon ahead, am led to the world of divinity. 

 

 

ヨーヨー・マGidon Kremer

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。