南太平洋グランドクルーズ2009-25 アボリジニのショー Aboriginals’ Performance


この記事は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13446945/

 

 

 

2月4日(水) クルーズ16日目

Wed. Feb. 4th, the 16th day of the cruise

 

船内シドニー・ローカル・ショー: アボリジニ・パーフォーマンス

Sydney Local Show : Aboriginals Performance Show on the ship

 

乗船客にとって、ローカル・ショーはもうひとつのクルーズの楽しみである。

シドニーローカルショーはアボリジニの人たちの舞台。アボリジニの人々は、デジリドゥーという楽器からボディペインティングまで、とてもユニークな文化を持っている。特にこの楽器は以前ラジオで聞いて録音し繰り返し聞いてきた。遠くから地表面を這って届くようなその音色と韻律・・・実際の楽器を聞くのも見るのも今回が初めて。シロアリが中を食べつくした木が楽器となるので一つ一つみな形が異なるのが面白い。(フラッシュがたけないので余り良い写真ではありませんが・・) 

For us passengers, a local show is another cruise amusement. Sydney Local Show is Australian aboriginal performers’ stage. Everything about them is unique, from their musical instrument called didgeridoo to body painting. Didgeridoo is a aboriginal people’s flute played as shown in the photos. Man does not make a didgeridoo, but termites do. So each didgeridoo has its own unique shape. Through listening to my recorded didgeridoo music from radio, I have liked the sound . The sound is like reaching us after crawling on the surface of the ground afar.  This is, however, the first time for me to see and hear the real didgeridoo closely.

 
日本語の検索サイトには「デジリドゥー」は該当項目はありませんと突っぱねられてしまいましたので、「デジリドゥー」の面白い形や色彩をご覧になりたい方はこんなURLを訪ねていただくのもひとつかと思います。
ご近所のEmjayがデジリドゥーをお持ちだとのことで、お願いして写真をアップしてもらいました。とてもきれいな絵が描いてあるものです。大きいのはご主人のもので演奏なさるとのこと。小さいほうはEmjayさんのもの、主に飾りだとか・・・Didgeridoo –
デジリドゥーの出来るプロセスと吹き方についてやはりEmjayさんが教えてくれました:
「シロアリが木の中を食べつくしたものを、アボリジニの人は一本一本たたいて探してくる。木の皮をきれいに剥ぎ、長さを定めて切る。よく磨いてから絵をほどこす。 吹き方は、息を吐くときに唇を震わせるようにして、頬に溜め込んだ空気を少しずつ長く吐いてゆく。」
 
My blogger friend Emjay has two didgeridoos at home, the shorter one for herself, the other for Mr. Emjay, who plays it well. I asked her to put their photo on her blog and she kindly did. They are so beautiful! Didgeridoo –
Here is how a didgeridoo is made and played, a copy of Emjay’s message to me:
 
Termites hollow out trees by eating away the timber from the inside.  The Aboriginal walks through the trees tapping on them until he finds one that is hollow.  He then cuts it down and whittles the bark off and trims the ends and smooths them. They can then be beautifully painted.
To make noise it is like vibrating your lips against the timber as you expel air.  You have to hold air in your cheeks to be able to get that continuous sound. 
  
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。