旅の小休止:コアラ  A Short Break From The Cruise:Koala Bears


 この記事は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13446811/

 

久しくも 生きながらえて 青葉かな      真愚爾風花

The longer I live, the greener May leaves reflect in my eyes

So are the memories afresh                     Magnifika’s Japanese Haiku

 

オーストラリア・ビクトリア州にヒントンさんという親しいご一家がいる。ビジネスで日本滞在中お知り合いになったが、仕事面以上のお付き合いになった。ご夫妻が帰国して間もなく、かわいらしいコアラを送って下さった。カンガルーの毛皮で作った丁寧な造りのコアラは、それ以来私の行くところどこへでもついてきた。そのうち手がひとつ取れ、足がすりきれ、とうとう消失してしまった。

その後、姪がメルボルンショートステイのおみやげに小さなコアラをくれた。化繊毛のコアラも精巧にできていて可愛い。でも数十年来の手足のないコアラにはそう簡単に太刀打ちできない。歴史の長さ・・・これはどうにも超えようがない。

今回の火災の犠牲となった皆様に心よりお悔やみ申し上げます。また被災した方々にも、お見舞い申し上げます。心が痛みます・・・Hintonさんご一家は被災をまぬかれたものの・・・

I got acquainted with a family from Victoria State, Australia, the Hintons, some decades ago on business while they were in Japan. Our friendship transcended business and we became good friends. Soon after they returned home, they sent me a stuffed koala bear of kangaroo skin. Since the day it reached me, it went wherever I went. You see the result of the history from the photo. Its hands and legs were worn out and gone.

My niece gave me a koala bear as souvenir from Merborne where she stayed on a student exchange program. It is cute and adorable all right with synthetic hair, and still with hands and legs. But it may be difficult to transcend the thick history the Hinton koala bear holds.

Although I am happy that the Hintons saved from the fire, my heart is sunk in sorrow for those who lost lives and houses, and all nice memories of life in the fire this time. Let me express my deep sympathy here again. 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。