南太平洋グランドクルーズ2009-38 2つのフィヨルド Two Fjyords


 この記事は下記に移転しました/This post moved to:

http://magnifika.exblog.jp/13446463/

2月10日(火) クルーズ22日目 日本との時差昨日より4時間(船内時間正午12:00=日本時間午前8時)

Tue. Feb 10th, the 22nd day of the cruise

 

ニュージーランド フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンド/ダウトフル・サウンド(世界自然遺産)

ミルフォード・サウンド(原住民の名前ピオピオタヒ)& ダウトフル・サウンド:

ミルフォードサウンドはタスマン海から15km内陸に続き、1200m以上の断崖絶壁に囲まれている。フィヨルドに入ると水面は青いガラス面のように静かだが、冷気もぐっと冷たく毛皮のコートを着てちょうど良いくらい。圧倒的な景観が両岸に迫り、自然の神秘にあらためて畏怖の念を抱く。

ダウトフル・サウンドはキャプテン・クックが先に何があるかわからない「怪しげな入江」と船を進めるのをためらったことが命名の由来。全長160km。道路網の整備がないので実際には海からのアクセスしかなく、中々訪れにくい地である。拙い写真では十分お伝えできないけれど、この日見た景観をこの記事を読んでくださる友と分かち合えたらうれしい。

 

Milford Sound & Doubtful Sound Fjord, New Zealand (The World Natural Heritage)

Milford Sound, Piopiotahi in Māori, is a fjyord stretching 15 km inland from Tasman Sea with precipitous cliffs as high as 1200m on the both sides. Once entering into the Fjyord, the water surface is like a sheet of blue glass. The air gets so cold as 10°C or below. You need a woolen jacket to keep yourself warm. You see breathtaking awesome views on the both sides.

Doutful Sound was named after Captain Cook’s hesitation to go forward saying that the inlet seemed so doubtful. It stretches 160km deep inland. There is no roads properly constructed to Doutful Sound overland. At present the access by sea is the best way. I do not know whether my amateur skill of photography can tell the grandeur of their views, but if you could share a bit of them with me, it would be my joy. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウトフル・サウンド Doubtful Sound 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。