南太平洋グランドクルーズ2009-40 タイエリ峡谷鉄道 Taieri Gorge Railway


 この記事は下記に移転しました/This post moved to:         http://magnifika.exblog.jp/13446430/

2月11日(水) クルーズ23日目 (日本では建国記念日)

Wed. Feb 11th, the 23rd day of the ASUKAII South Pacific Grand Cruise (National Holiday back home—National Foundation Day)

 

 ◆ 今日はポート・チャーマーズのASUKA II の目と鼻の先までタイエリ峡谷鉄道の列車が迎えに来てくれる。とても楽しみにしていたタイエリ峡谷鉄道乗車。 タイエリとはマオリ語で「ゆっくり流れる水」の意で、タイエリ川がゆったり流れる峡谷を見下ろしながら走行する地形に敷設 されている。ポートチャーマーからプケランギを往復して船まで帰る。一日の行程。

The day I had looked forward to came. I took a Taieri Gorge Railway one-day round-trip ride from Port Chalmers to and from Pukerangi. As “Taieri” in Maori means “water flowing slowly”, the Railway runs up high along the Taieri River. 

 

 

 ◆  出発: All aboard!!

 

 

 

 

 ◆ ご参考までに: 住宅所有が外国人にも許されているニュージーランド。湾沿いの日当たりの良い普通の住宅が5千万円ほど、山沿いの日陰地域は半分の2500万円ほど。日本の平均的住宅よりずっと広々した住宅と見た。

Just for reference: New Zealand permits foreign nationals to own houses. The average price of a general residence on the sunny side of the gulf is around 50 million in Japanese yen, and suppose the same sized house is on the shady mountainside, it will be half the price, 25 million yen.  

 

 

 

 ◆ 人口約400万人のニュージーランドの羊の数は、人間1人に羊10頭の割合。

The New Zealand’s population is about 4million. There are 10 sheep per capita!

 

 

 ◆ パレラ駅の手前だったろうか、列車に向かって大きな赤い旗を大きく振っている人がいる。車内放送によると上下線全てのタイエリ鉄道の通過時にああして旗を振るのを日課にしているとのこと。欠かすことはないという。帰りの通過時もやはり赤い旗が大きく揺れていた。この方には日課のひとつかもしれないが、旅人には生涯忘れられないともし火が心に点火される。有難うございま~す!! I am not sure about the place, but probably before Parera Station, I saw someone waving a very big red flag to the train in front of his house. There was an announcement about him a little later that it is his routine to wave a flag to all the Taieri Gorge Trains bothways, rain or shine. It is his routine all right, but for us travellers that is an unforgettable event. That red flag lights a warm light in our heart. Thank you, Mr. Flag-waiver!!

 

 

◆  車窓風景/Views from the train window

 

 

 

 

◆ ヒンドン駅で30分ほどの休憩/30 minute break at Hindon Station

ヒンドン駅 Hindon St.ヒンドン駅i犬の像スーザン The statue of Susan of Hindon Station

 

 ダニーデン地ビール「Speight」やニュージーランド産のワイン・スパークリングワイン・チーズ・クラッカーのサービス

Dunedin’s local beer, Speight, and New Zealand sparkling wine and wine are served.

 

 

                        ロビンやマレーのようなシニア市民がボランティアでサービスを担当している。            

            Senior citizens like Robyn and Murray are serving the passengers on the voluntary basis.

 

 とっても美味しいボックス・ランチ/Nice and good lunch!

                        土地で取れたものばかりの美味しいランチ。Lunch made from local products is very good!!

 

 

シストxistoという片岩の荒野/Xisto rocks creating figures in the wilderness.

 

 

ウィンガトゥイ高架橋/Wingatui Viaduct

      全長197m 高さ47m Length 197m  Height 47m

 

 

 

ティープ・ストリーム高架橋/Deep Stream Viaduct

 

 

 

 

折り返し地点プケランギ駅 海抜250m/Pukerangi Station, shuttling back point—250m above sea level 

広々とした荒野の中をタイエリ鉄道の線路が通っているだけの大地。駅の前の空き地には土地の人の手作り製品などの露天の店が並んでいる。ダルシーさんの作った布製品をいくつも購入する。なんだか長い知り合いだったようなダルシーさん。

それから荒野を歩いてみる。ここから車で30分ほどのところが「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地で、ホビットの村が造られた所だと聞く。しかしそこまで行かなくとも、十分その雰囲気は味わえる。独特な片岩と乾いた草原の景色に埋まると映画より、本のページから登場人物が踊りだしてくる気がする。

What is around Pukerangi Station is vast desolate land with xisto rocks and dry grass with a big sky over them. Someone told me that thirty minute drive from Pukerangi takes you to the site where they constructed Hobbit Village for the shooting of the Lord of the Rings. But while I was walking around, the surroundings was magical enough to take me into the story.

At the open air local market, where people sell what they made at home, I bought beautiful handmade cloth works from Dulcie. Funny, we had the good chemistry even though it was a short talking.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 

 

 

            プケランギのオープン・エア・マーケット ダルシーさんから布製品を購入しています。

 

 

 

                      5月のお節句にあやめの屏風といっしょに飾りました。

May 5th is a national holiday in Japan, Children’s Day. Irises are favoured to celebrate the day. I put Dulcie’s iris on the center of the living room table on the day. 

 

 タイエリ鉄道で働く人と車内販売品/The people working with Taieri Gorge Railway & souvenir from the train. 

 

Our driver of the train列車の運行に従事する人々 The train staff at Pukerangi St.木工品を作成販売するジョン Woodcraft maker, John

 

 

                                                        The wooden train whistle sounds great!

タイエリ鉄道バッジ Taieri locomotive badgeタイエリ鉄道の木製ホィッスル Wodden whistle of Taieri Railway

 

 

◆ (ダニーデン駅舎: フランダース・ルネッサンス様式の瀟洒な駅舎。しかし現在ではタイエリ峡谷鉄道が止まるだけである。)

(Dunedin Station: The Flemish Renaissance style architecture built in 1906, today in use only by Taieri Gorge Railway)

駅舎の記事は次回別記事で/The article of Dunedin Station building will come in the next post.

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。