南太平洋グランドクルーズ2009-50 ラロトンガ抜港 Skipping Rarotonga


この記事は移転しました。移転先/This post moved to:  http://magnifika.exblog.jp/13454100/  

2月18日(木) クルーズ31日目 ラロトンガ入港日

Thur. Feb. 18th, the 31st day of the cruise    Rarotonga

 

あなたは「ラロトンガ」をご存知ですか、と問われて「はい」の返事をする人はどのくらいいるのだろう。私もクルーズの案内をみるまで全く知らなかった島。大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」のロケ地。また南太平洋地帯の非核化(核兵器の使用、保有、実験を禁止)条約「ラロトンガ条約」の結ばれた地。

 

ラロトンガ概要 

ニュージーランド領クック諸島のひとつでクック諸島唯一の火山島。

一周32km。400~600mの山々。海岸線をぐるりと取り囲む白い砂浜。

行政中心地:アバルア

人口: 9000人

言語: 英語

日本との時差: -19時間

通貨: ニュージーランド・ドル

 

Asked if you know “Rarotonga”, I wonder how many answers “yes”. I had been one of those who said “no” up until I saw the released schedule map of ASUKA II 2 years ago. Here is the brief outline of the island. 

Outlines of Rarotonga:

A volcanic capital island of the Cook Islands, belonging to New Zealand in territory, with 400-600m high mountains inland and surrounded by white-sand beaches.

Its outer circumference: 32km

Capital: Avarua

Population: 9000

Official language: English

Currency: NZ$

 

地図: アバチウ・ハーバー(アバルア)入港予定 Scheduled to anchor at Avatiu Harbour, Avarua

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アバチウ・ハーバーは島の北中央に位置する。7時前に放送がある:

キャプテン 「本日は北風が非常に強く、北側にある港に錨泊してテンダーボートで上陸するのが困難である。様子を見る。」

しばらくして再度:

キャプテン 「風のおさまるのを待ちたいが、いずれも予報では風が強まることはあっても弱まることはないという事情なので、ラロトンガ抜港をお知らせします。ゆっくりと島を一巡してモーレアに向かいます。」

「抜港 ばっこう」とは辞書にも載っていないなじみのない言葉だが、スケジュール上の寄港地に、やむを得ない事情で入港せず次の港に向かうことを言う。私も過去に3回抜港を経験している。いたし方のないことだが残念。

1回はシャルムエルシェイク抜港

2回目シャーロットタウン抜港

もう1回はにっぽん丸で目と鼻の先に八丈島の港があるのにいくら待っても波がおさまらず抜港となった。

Our Avatiu Harbour is located at the center north of the island. A little before 7:00, there was a Captain’s announcement that the north wind was so strong for us to anchor at the only harbour for a large-scale cruise ship and the bridge needed time to see if landing was possible or not.

After some time, another Captain’s announcement said that he wished to wait until the wind eased, but all the obtained forecasts said the north wind would get stronger. So, he said,he decided to skip Rarotonga. After a slow circle around the island we would head for Moorea.  

Yes, “skipping a port” happens due to an unavoidable circumstance. I have ever experienced skipping three times.

1. Due to terrorism  skipping sharm el sheikh 

2. Due to stormy weather  skipping charlottetown,canada 

3. Hachijojima (http://www.hachijo.info/ English site ) was just in front of Nipponmaru, Japan’s 2nd largest cruise ship, We had waited for 2 hours on the floating ship for the waves to calm down in vain.

 

地元ではツアーやレストラン、イヴェントなどを用意して待っていてくれるので船客ばかりでなく地元のコミュニティにとっても抜港は打撃となる。

Local people prepare tours, meals at restaurants, and various entertaining events for us. So we are not the only people who are disappointed. Skipping a port is also a blow to the local community.

 

 

 

 

 

 

この美しい島にまた戻ってこられるよう祈りながら小さくなってゆく島影をいつまでも眺めた。 さようなら、ラロトンガ!

I kept looking at this beautiful island at the deck until it became a small dot and disappeared, praying that I have another opportunity to visit it and meet the people I could have met and see the landscapes I could have seen this time. Farewell, beautiful Rarotonga!!

 

 

スケッチブックから From Magnifika’s Sketchbook-Rarotonga

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。