サルガド写真展「アフリカ」 “AFRICA” Sebastiao Salgado


この記事は右記に移転しました/This post moved ==>      http://magnifika.exblog.jp/13492638/                                                     

 

                                        「生きとし生けるものの未来へ」

 

 

 

 

                                                       sebastian salgado の画像検索結果

 

一日延ばしにしていたが、展示最後の週に入ってからセバスチャン・サルガド写真展「アフリカ」に出かけた。出かけなかったら恐らく将来いずれかの時点で後悔してやまなかったろう。大きな感銘というか畏敬の念というか・・・に頭(こうべ)を深く垂れる想いで会場を後にした。

ネット上で何度も見ていたが、やはり現像写真の持つインパクトはすごい。旱魃、飢餓、紛争、殺戮、貧困・・・こんな風に並べると悲惨さだけが浮かんでくるが、この写真展における一連のモノクロ写真は、アフリカに誇り高く生きる人々の美しさで見る者を圧倒する。アフリカの自然、動植物も限りなく美しい。サルガド氏のどの作品も宗教画のような崇高さを湛えている。そして祈りを感じる。サルガド氏の写真は20世紀のアフリカを語る長編叙事詩である。

I had been procrastinating to go out for “AFRICA”, an exhibition of photographs by Sebastiao Salgado. It was the last week of the exhibition that I went. I would be regretting at some point in the future if I had had missed it. I was struck with awe of the beauty of Africa and its people.

I had repeatedly seen Mr. Salgado’s photos on the net, but the real developed prints of his hold an overwhelming impact. Droughts, famine, tribal conflicts, massacres, poverty…all make us imagine pathetic sights. But a series of the photos on the exhibition, all in monochrome, sweep away our preconceptions about Africa. The proud people and the nature there are endlessly beautiful and sublime in Mr. Salgado’s photos that are equivalent to religious paintings. I felt his prayers in them. Mr. Salgado’s work is great epic poetry of the 20 th century’s Africa.

sebastian salgado

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中