伊万里 大川内山窯元巡り Okawachiyama, Imari


この投稿は移転しました/This post moved ==> http://magnifika.exblog.jp/13480148/

大川内山窯元: Okawachiyama Ceramic Town

 

 

 

                           後方の無縁焼物師たちの墓地が鍋島藩窯時代の歴史を物語る風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍋島(古伊万里)の作られた大川内山は30余の窯元が集まる山深い里。生涯この地から出ることを許されず焼き物に専心した陶工たちのことなどに思いをめぐらせながら散策。

でも・・・坂道の両側を埋め尽くす焼物店の美しい品々に魅了され、ここでも町の写真がお留守になってしまったようです。

The ceramic manufacturing at Okawachiyama began around 1600.  From 1675 to 1871 it was owned by Nabeshima feudal clan. They made gorgeous super-quality ceramics worldwidely known as Nabeshima or Imari for use as offerings to the Emperor, the Shogun, and powerful feudal lords. After the Shogun era ended, more than 30 ceramic houses have kept  their tradition and skills up to the modern age. 

Nabeshima ceramics are called “Imari”, too, as they were shipped to Europe in bulk from the Port of Imari. 

Okawachiyama Ceramic Town is surrounded by high mountains, and only one side of the town is open to the world across a river. In the feudal days, the ceramists prohibited to cross the bridge had to live all their life inside the Town. The Nabeshimas were too afraid of leakage of the special methods and skills of their manufacturing. 

 

       ◆ Magnifikaの過去投稿インデックス Magnifika’s Past Post Index 

 

 

 

 

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。