またも珍客 Another Unexpected Visiting Couple


  

この投稿は移転しました/This post moved ==>  http://magnifika.exblog.jp/13390726/                                                                                                                             

 

           画眉鳥 Chinese Hwamei, Melodious Laughingthrush, or Garrulax canorus  

ここ2年ほど、近くの木立のどこからともなく美声だが、けたたましい鳥のさえずりが聞こえてきていた。ホトトギスのようなリズムだが声は異なる、鶯の鳴き声は堂に入ったものでよく聞かないと本物と区別できないほど、あるときはヒヨドリにそっくり、アオジの季節にはアオジと区別のつかない囀り、イカルが鳴けばその後をそっくりに真似る。はて????

姿を見たことがないので、囀りから思い当たる限りの見当をつけて調べたが日本の野鳥図鑑には該当する鳥が長いこと見つからなかった。

ところが昨日、思いがけず正体が判明! なんと私の庭に番でやってきていたところを目撃。「画眉鳥」という中国・東南アジア原産の外来種だった。中国では囀りを競わせるために籠に入れて珍重するそうである。

調べてみると、日本のいくつかの地域では強い繁殖力に加え、ほかの種を追い払う性質をもつ画眉鳥に生態系が脅かされているという。環境省では2005年これを外来生物法で商取引や飼育を禁じる特定外来生物に指定している。違反法人には1億円以下、個人では300万円以下の罰金、または3年以下の懲役刑とかなり重い刑罰に処される。

ところが庭にやってきた画眉鳥たち、そんなことはどこ吹く風。25cmほどの体長の番は私が2階からカメラを向けているのも知らず、とぼけた格好をしながら雨の上がった直後の庭で遊んでいった。どうやら濡れた地面に尻尾の先が触れるのを嫌うらしく、尾を滑稽な格好に曲げて守っている。

(あまり姿を見せない鳥だとウィキペディアに記載されていたので、よい映像ではないのですがご覧下さい。)

 

For the past two years, I had been wondering what bird that was that sang so loudly and powerfully all day long regardless of the season. It sometimes imitates other birds’ songs so well that few can tell the difference.

As I had never located and seen the bird, I had tried many times to find out in an illustrated guide and encyclopedia of Japanese birds, depending only on my auditory data, but ended up in wasted effort.

But lo and behold!  A pair was so innocently playing and chirping on the lawn of my garden yesterday. Visual data helped me to find out that the bird is evidently Chinese Hwamei or Melodious Laughingthrush (accademically Garrulax canorus) and originated in China and South-Eastern countries. In China, it is popular as a cagebird.

Further checking tells that in Japan, ecosystem of several areas are threatened by the species’  propagative power and its strong character to chase away other species from the area. Our Ministry of the Environment established a law to prohibit breeding and raising the species. If it is violated by a corporate body, it is fined max. 100 million yen (about US$ 1 million) or sentenced to max. 3 years in prison, and if an individual, max. 3 million yen (US$ 30,000) or to max. 3 years in prison. So serious is the matter!

The pair down below (I was watching them from the window upstairs) looked so carefree, not noticing me taking photos of them. Their behaviors were very humorous. One of them tried to keep its tail tip from getting wet by touching the ground. We had a lot of rain the previous night.

I know my photos are not good.. But I dare post them because Wikipedia says it is a skulking bird.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               鳴声 Singing Hwamei:  http://www.youtube.com/watch?v=dxv6v164NQY          

           真似上手 Good Mimicker: http://www.youtube.com/watch?v=GEWraevJKeI&feature=related

 

 

           ◆ Magnifikaの過去投稿インデックス Magnifika’s Past Post Index 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。