Africa-26 喜望峰自然保護区の植生 / Vegetation of The Ecoregion of The Cape


写真はプロテア/Protea

[ フィンボスの植生フォトをもっと見る/More photos of Fynbos Vegetation  ]

5月2日(水) 喜望峰の自然灌木植生地
Wed. May 2 The shrubland of the Cape of Good Hope

喜望峰のフィンボスと呼ばれる保護区には実に約9000種の植物が自生しており、うち6200種が土地の固有種だという。エリカの自生種だけでも600種あるとか。購入してきたルイボス・ティーもこの地にだけ生える植物のお茶で、日本でも高額で売られている。抗酸化作用が高く、ノー・カフェインが魅力。味は少し酸味がかっていて、色は赤みがかった茶色。後にこのルイボス・ティーに大いに助けられる日がやってくる。

The wide shrubland around the Cape of Good Hope called “fynbos” is UNESCO’s World Asset. The wide ecoregion embraces 9000 species of vegetation, and of which 6200 are endemic. The number of endemic ericas only amounts to 600. Rooibos tea is the product only to this region. It is rich in antioxidant but contains no caffeine. It is on the market in Japan at rather high price. It is called “bush tea” as well. It has a little sour taste and the colour is reddish brown. I bought some rooibos tea at the Water Front. I did not know then that the time to survive on it would come later.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。