インカ帝国の都・クスコ -1/ Cusco-1, the Capital of the Inca Empire

投稿者: magnifikajp

2013年1月19日

タグ:, , , , , , ,

カテゴリー: クルーズ / Cruise, Trips & Travels

4件のコメント

絞り:f/9.5
焦点距離:29.38mm
ISO:400
シャッター:1/0秒
カメラ:PENTAX K10D

* 関連写真/More related photos

2泊したリマのウエスティンホテルを早朝に出て8:20発のLA2023便に乗る。飛行時間1時間20分。LAN Peru航空機は世界遺産の街から南東に4㎞ほどの距離にあるクスコ国際空港(*アレハンドロ・ベラスコ・アステテ国際空港)にランディングを始める。迫る山々、眼下の町々にいまにも翼が触れるのではないかと思うほど難しい地形での降下だ。ふと、1998年に閉鎖した香港旧啓徳国際空港(カイタック)のランディングを思い起こす。空港の外に出ると、山々と抜けるような青い空。広場では人形売りが着いたばかりの観光客に声をかけている。
今までいたリマは標高せいぜい数メートル。クスコは3600m。富士山の頂上に一気に降り立ったも同然。油断すると高山病の恐れがある。緩やかな労作とスプレー缶状の空気補充器でまめまめしく気を配る。

*アレハンドロ・ベラスコ・アステテ / Alejandro Velasco Astete succeeded in flying from Lima to Cusco over the Andes for the first time in 1925.
1925年、アンデス山脈を超え、リマ-クスコ間飛行を成功させた人物

We checked out Westin Lima early morning to take 8:20-LAN Peru flight, LA2023. After flying high over the Andes Range, the plane started descending to Alejandro Velasco Astete, Cusco International Airport, lying in the basin surrounded by the mountains. The wing tip is almost touching the mountain and the houses are so close down below. That reminded me of the descents to the old Hong Kong Kai Tak International Airport. Cusco is 3600 m above sea level. We were brought to such a high level from almost sea-level Lima only in an hour and twenty minutes. We must be very careful not to develop altitude sickness. Slow movement and early use of air inhalant help. They sell it in a container like a spray can

「インカ帝国の都・クスコ -1/ Cusco-1, the Capital of the Inca Empire」への4件のコメント

  1. 透き通ってる・・・ね。

    いいね

  2. 日焼けが一番いけないんですってね~~~
    kappa此の頃気がついて~セッセこ・・・手遅れみたい!

    いいね


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。