イグアスの滝 “悪魔の喉笛”アルゼンチン編  ”Devil’s Throat” from Argentine Side


IMGP5169

 

* 「悪魔の喉笛」へのブリッジとその周辺の自然 The passage to the “Devil’s Throat” and its wonderful surrounding nature

悪魔の喉笛のフォトをもっと見る More photos of “Devil’s Throat”

5月19日(土)
Sat. May 19

滝の数なんと275、最大落差82m、その幅は3㎞に及ぶ巨大なイグアスの滝は大半がアルゼンチンに位置するものの、こちらは上流にあたるため、その落ちる流れを見る部分は限られている。

今日はその轟音のおどろおどろしさから「悪魔の喉笛」と呼ばれる個所を上方アルゼンチン側から眺める。下から吹き上げてくるしぶきが雨のように降り注ぐのでここではみな雨具をしっかり身に着けて滝に向かう。
大量の流れが突如消えて水煙が立ち上っている、そこが悪魔の喉笛。水の吠え猛る音が腹の底から体に伝わってくる。

The Devil’s Throat is U-shaped, 82 metres high, 150 m wide, and 700 m long (269×490×2,300 ft). Among the 275 falls of Iguazu, the Devil’s Throat is the most overwhelming one with an incessant fearful sound. You must wear a raincoat with a hood if you would like to avoid getting wet, and protect your camera.
A volume of water slowly flowing suddenly disappears in the smoke of spray. That is where the devil is howling and shaking the earth.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。