ブラジル サルバドール-3 サン・フランシスコ教会 Salvador-3 Igreja e Convento Sao Francisco


外観と回廊の写真をもっと見る More photos of the mosaic tiles of Igreja e Convento Sao Francisco 

教会内部の写真をもっと見る More photos of the interior of Igreja e Convento Sao Francisco 

5月24日(木)
Thu. March 24

サン・フランシスコ教会 Igreja e Convento Sao Francisco
世界でも1,2を競うバロック様式の歴史建造物。内部の装飾には1トン近い金塊を使用。回廊の装飾タイルのストーリーの謎も人を迷路に引きずり込む。またなぜ「清貧」を旨とする会派のフランシスコ会がこの贅を尽くした教会を建立したのか・・・恐らく当時のサトウキビ景気で財を成した貴族や商人の莫大な寄進によって教皇庁にフランシスコ会を送り込む目論見だったのでは・・・いろいろな見方ができる。が1686年の建築開始以来64年の歳月をかけて完成したこの教会の真の謎を知る人は誰もいない。ただただ世界中からこの歴史遺産を訪ねてくる私のような人々の想像を掻き立てるばかりである。

Igreja e Convento Sao Francisco is the most prominent historical building of the world in baroque style. They used one-ton nuggets of gold for interior finishing. Its cloister walls are decorated with gorgeous tiles of the story-telling pictures. Some of them leave us in religious maze. Another question arises…why they constructed the church indulging in every possible luxury to this much extent despite that Franciscans  was supposed to live in honest poverty. Probably the aristocrats and merchants who made a big fortune through sugar cane trade in Bahia made an enormous donation to plan to send members of the Order of Friars Minor into Curia Romana. But today nobody knows the real reason. We can enjoy imagining this and that  freely over the gorgeous church completed in 1750 after 64 years from the start of construction in 1686.

広告

「ブラジル サルバドール-3 サン・フランシスコ教会 Salvador-3 Igreja e Convento Sao Francisco」への2件のコメント

  1. 見事ですね~~~。

    いいね


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。