コロンビア カルタヘナ 百年の孤独 Cartagena, Columbia: One Hundred Years of Solitude 


More photos of the Writer García Márquez’s House

6月4日(月)  
Mon. June 4

IMGP8790-1

IMGP8795

カルタヘナを身近に感じるもうひとつの訳はガルシア・マルケスの作品群。

海岸沿いのサンタンデール大通りとキュラート通りが交わる角に黄色い土壁の大邸宅が海を臨んでたっている。この屋敷で「百年の孤独」が執筆されたのかどうかは知らないが、作家ガルシア・マルケスがここに住み、何回か外国暮らしをしてもいつもここに帰ってきていたことは確かである。今作家はメキシコに住んでいる。

クルーズ中ずっと「百年の孤独」を読みながらやってきた。本はずっと前に購入してあったのだけれど、読みかけてはそのままになっていた。というのも日本語翻訳版はいまだに文庫本がなく、ハードカバーのみ。持ち歩くのには重すぎて、読み継ごうとするときにはすっかり登場人物の名前が混じってしまって結局また最初から、ということになっていた。そんなことを何度か繰り返していたが今回は船上で、2回も通して読んでしまった。独得の幻想の世界に迷い込み、素晴らしい後味に酔った。

Another familiarity I hold with Cartagena is the books by García Márquez.

There is a yellow grand house at the corner where Cll del Curato meets Ave. Santander. It faces the sea across Ave. Santander.  I do not know whether it is the birth place of “One Hundred Years of Solitude” or not, but surely is the place its author lived and is the place he always came back even though he left his country a few times temporarily. He now lives in Mexico.

I came all the way reading “One Hundred Years of Solitude” during the cruise.
I bought the book long years ago, but could not finish reading it each time, as the hardcover was too heavy to carry in my handbag. Meanwhile all the names of the persons in the story mixed up in me. So I had to read it again from the first page several times. There is no paperback edition published in Japan. But this cruise gave me a good opportunity to read it through twice. The book left me in a half illusionary world and wonderful aftertaste.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。