エルニーニョ&ラニーニャ誕生の海 The Birthplace of El Niño & La Niña

投稿者: magnifikajp

2013年5月09日

タグ:, , , , , , ,

カテゴリー: クルーズ / Cruise, Trips & Travels

コメントする

絞り:f/4
焦点距離:11.8mm
ISO:250
シャッター:1/0秒
カメラ:FinePix HS30EXR

パームコート(11階ラウンジ)の中央でいつもで静かに竪琴を奏でる彫刻像: 富永直樹作「天国への賛歌」
“Paean for Heaven” a bronze statue by Naoki Tominaga playing the harp at the Palm Court Lounge on the 11th floor

DSCF4120

6月9日(土)
Sat. July 9

昨日19:00過ぎプンタアレナスを出港し今朝はニカラグアとの国境沖を航海中。
天気は晴。東北東の風が15mと強いが波は1.5mと静かである。太平洋はいつも東風が吹いている。

この海域の海水温が12月ごろ上昇する現象を「エルニーニョ」という「。ちょうどクリスマスごろに起こるのでエルニーニョ(男の子、イエス・キリスト)と呼ばれるそうだ。この現象は長期にわたりオセアニア、アジアの気象に大きな影響をあたえる。日本では梅雨が長引き、暖冬となる。

これに対しここ東太平洋海域の温度が下がると「ラニーニャ」現象が起こる。日本海の豪雪地帯は大雪に見舞われ厳しい冬となる。

We left Puntarenas at 19:00 yesterday and now are cruising off the border between Nicaragua and Costa Rica. The east wind is a little strong as always in this area of the sea, but it is fine and the sea is rather calm.

This is the birthplace of El Niño and La Niña. They named the phenomenon of the rise in sea water temperature in the area El Niño as it happens around Christmas. It gives big influence for a long period on the climate of the Oceanian and Asian countries. In Japan we have a longer rainy season and warm winter due to El Niño, and vice versa when the temperature fall invites La Niña.

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。