アラスカ スキャグウエイの町 Main Street of Skagway, Alaska

投稿者: magnifikajp

2013年8月28日

タグ:, , , , ,

カテゴリー: クルーズ / Cruise, Trips & Travels

1件のコメント

絞り:f/6.7
焦点距離:26.88mm
ISO:100
シャッター:1/125秒
カメラ:PENTAX K10D

Arctic Brotherhood Hall, now Tourist Information Center, was built in 1899 as a gathering hall of gold quaestors. The historical building is covered with 8800 pieces of driftwood./ 8800本の流木で覆われた歴史的建築は探金者たちの集会場として1899年に建てられ、今は観光案内所

More photos

6月25日(月)
Mon. June 25

スキャグウェイへのアクセスはシアトル,バンクーバーもしくはアンカレージまで空路。そこからジュノーに飛び、さらにプロップのエア・コミューターかエアタクシーでスキャグウェイへ。日本からのアクセスは決してよいところではないが、人口1000人足らずのこの町は年間100万人もの観光客が訪れる魅力ある地である。

財政破綻寸前だったスキャグウェイは鉱物の積み出し目的で作られた鉄道を観光用に整備し、大型客船の港湾使用料を近隣港の数分の1にするなどの施策で、近年はジュノーに寄らない客船もスキャグウェイには立ち寄るというほど観光業の充実で蘇った。

ゴールドラッシュで人口流入があるまではこの土地はトリンギット族の地であったという。とリンギット語で「スキャグウェイ」とは「水に白波の立つ風の強い場所」を意味していると聞いた。06:00入港時は曇天で気温は15℃。風はわりと冷たい。だが陽光が注ぐと30℃ちかくまで気温も上がる。

Skagway is not very easy a place to visit. But it is an attractive place to visit by all means. Almost a million tourists visit this small northeastern town of the population of 1000 yearly. The result was brought about by an effort of town authorities. They overhauled the White Pass and Yukon Route Railroad for tourists, which was once used for mine products in the gold rush days. What is more, they did a drastic slash in anchorage fee of cruise boats. Now Skagway is the richest town in Alaska.

 

 

 

 

 

 

 

広告

「アラスカ スキャグウエイの町 Main Street of Skagway, Alaska」への1件のコメント

  1. magnifikaさん
      丸太の木組みがアートですね。
      デザインされてる・・・・素敵だわ~

    いいね


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。