厳島神社観月能 Itsukushima Shrine‐5 Noh Play on the Moonlit Outdoor Stage

投稿者: magnifikajp

2013年11月03日

タグ:, , , , , , , , , ,

カテゴリー: 美術 / Art, Trips & Travels

コメントする

絞り:f/4.5
焦点距離:50mm
ISO:6400
シャッター:1/14秒
カメラ:NIKON D800E

 

 

演目は「経政」。1555年に毛利元就が奉納した海上の能舞台は重要文化財。

人間国宝友枝昭世能楽師の舞が水面の揺らめく反射光の中に幻想的に浮かび上がる。平清盛の甥「経政」が生前愛した琵琶名器「青山」に誘われてこの世に束の間迷い出てきているのを、あたかもそのまま眺めているような錯覚に陥る。

The program for the performance by Yasuyo Tomoeda designated as a living national treasure was “Tsunemasa “. Tsunemasa is one of the nephews of Tairano Kiyomori, a powerful military leader of the 12 th century, who reconstructed Itsukushima Shrine as it is today that was founded in the 6th century.

Tsunemasa died in a fierce war at “Ichinotani “. On the day of his memorial service, they put a famed Biwa instrument “Seizan” at the ritual site.  Tsunemasa was very good at playing it and had loved the instrument so much as he could not resist coming back as a ghost that night. So he did.

The Noh stage is 558 years old constructed above the sea water. While performance the tide gradually came rising, and only the lights reflected on the waves lit the stage in an illusionary fashion. The atmosphere and the story matched so well that we felt as if we were watching real Tsunemasa.

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。