ヤンゴン シュエダゴン・パゴダ-1 Shwedagon Pagoda in Yangon-1


 

 

Shwedagon Pagoda

 

 

DSC_2524

 

DSC_2525

The Statue of Buddha under a Bodhi Tree, a descendant of the original Bodhi Tree in Bodh Gaya of Bihar State, India, where Gautama Buddha achieved enlightenment / インド・ブダガヤの親木から分けられた菩提樹の下の仏陀像

 

DSC_2529

 

DSC_2536

 

DSC_2553

 

DSC_2554

 

DSC_2567-1

 

DSC_2571

ひとつの翡翠から刻みだされた仏陀像 / The Buddha carved out of one huge jade

いよいよ裸足生活が始まる。ミャンマーの宗教施設入場は裸足となっている。靴下、ストッキング類もご法度である。訪問一号目がヤンゴンのシュエダゴン・パゴダ。

記録にもないほど古い時代に建立されたと聞く。ヤンゴン(改名前ラングーン)というさまざまな波乱の歴史の洗礼を受けた街で今日尚人々の厚い信仰の中心的な存在である。これから歩くどのパゴダや寺院でも土地の人々の信仰心のゆるぎなさを感じる。

Now we get into barefoot life. In any religious sites all over Myanmar, before entering the facilities we must take off our footwear, not only shoes but socks and stockings. Shwedagon Pagoda is the first place for me to experience that.

Shwedagon Pagoda was founded so long a time ago that even the record could not accurately trace. In its long history, it went through several rough times and still remains as supportive entity of the heart of the people of Yangon, the city once called Rangoon.

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。