シンガポール リフレクションズ・アット・ケッペル・ベイ Reflections at Keppel Bay

投稿者: magnifikajp

2014年9月30日

タグ:, , , ,

カテゴリー: クルーズ / Cruise, Trips & Travels

コメントする

絞り:f/4.5
焦点距離:55mm
ISO:1400
シャッター:1/8000秒
カメラ:NIKON D800E

上:2012年 / Above: 2012

 

Reflections Keppel Bay 2006

客船「ノーティカ」の向こうにクレーンが見えるだけのリフレクションズ・アット・ケッペル・ベイ 残っている写真はこれ一枚/ Beyond a cruise ship “Nautica” , Reflections at Keppel Bay was only crane-site in 2006. This is its only one photo of that year.

 

IMGP3569

2012年 下層棟はまだ未完成 / Lower complexes not completed in 2012

 

DSC_3382 Reflections at Keppel Bay

2014年 すっかり完成し、下層棟にも人の住んでいる気配が。 / Completed and settled in the surroundings in 2014

リフレクションズ・アット・ケッペル・ベイ/

Reflections at Keppel Bay
設計:ダニエル・リベスキンド/
Designed by Daniel Libeskind

自然の美しいケッペル湾地区にシンガポールを代表する話題の超高層マンション。ダウンタウンから車で5分。1200戸以上の豪華アパートメントで、6棟の巨大かつユニークなカーブを持つ高層タワー群と、11棟の低層棟で構成されている。最も高い高層棟は41階、低い方が24階。

この港にやって来るたびに、面白い建築物が新たに、にょきにょきと姿を現していて楽しい驚きである。シンガポールははいつも変貌の途にある。リフレクションズ・アット・ケッペル・ベイも初めて気づいたのは2006年。あっという間に2010年にはオープン。2012年の写真ではまだ低層階は未完成のままである。今回は大勢の人の住まいの気配が遠目にもぬくもりとして伝わってくる。

Each time when I come back to Singapore, I never see the same Singapore for twice. Many unique new buildings appear and make new landscapes, and surprise us. Singapore is perpetually on the process of transformation. “Reflections at Keppel Bay” opened in 2010 is one of them. When I first took a glance at the site in 2006, it was just a land with tall cranes on it. But today it emits a kind of familiarity. I think it is because people has lived in the buildings.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。