川沿いの隠れ家 Hydeaway By the River

投稿者: magnifikajp

2014年10月30日

タグ:,

カテゴリー: Trips & Travels

2件のコメント

絞り:f/10
焦点距離:45mm
ISO:5000
シャッター:1/59秒
カメラ:NIKON D800E

 

 

 

DSC_3122

 

 

DSC_5806

 

DSC_5804-1

関連写真掲載 More related photos

設計者:内藤廣 (安曇野&東京両ちひろ美術館、茨城県天心記念五浦美術館、牧野富太郎記念館、島根県芸術文化センターなどなど、身近なところでは「とらや」の数店舗などを手掛けた建築家)

コンセプト: 数寄屋の繊細さとアジアの土臭さ あくまでも「リトリート」であること

The Retreat on the bank of the Jintsu River, Toyama, we stayed never betrayed our expectation. Very cozy comfortable retreat it was, indeed.    http://www.garaku.co.jp/english.htm

Designed by architect Hiroshi Naito

Design Concept: Resort as a retreat with some traditional Japanese tea-ceremony-house and Asian taste

飛騨高山市内を流れているときは「宮川」と呼ばれいた川は富山に入り「神通川」となる。富山では、その神通川沿いの宿に投宿する。PCコンクリートを校倉に組んだ壁、客室へ向かう宿泊客専用の歩廊には惜しげなく、いくつもの近藤悠三、人間国宝井上萬二、七代加藤幸兵衛らの壺が置かれ、壁にはアルベール・ザヴァロや千住博が・・・さながら美術館の体をなしている。ナトリウム-塩化物泉の春日温泉の湯をたっぷりとたたえた浴槽を持つ居心地のよい部屋。二つと同じ仕様の部屋はないのだそうだが、私がお世話になった部屋は美しさ、動線の巧みさ、照明の適切さ、居心地の良さで他の宿泊施設の群を抜いていた。余分なものは何もないのに、ほしいものは全部身近にある。そんな宿でした。お世話になりました。<(_ _)>

 

 

 

広告

「川沿いの隠れ家 Hydeaway By the River」への2件のコメント

  1. Looks perfect for relaxing.

    いいね


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。