QE-10 ファンネル Ship Funnel

投稿者: magnifikajp

2015年4月11日

カテゴリー: クルーズ / Cruise

コメントする

絞り:f/7.1
焦点距離:28mm
ISO:800
シャッター:1/200秒
カメラ:NIKON D800E

QEのファンネル

DSC_3769
DSC_6737
DSC_6638
DSC_6626
DSC_6977
船内で
はこのファンネルのフォトが撮れる場所からのみ撮影可能な船名
Once on board, the ship name can be photographed only from the same 12th deck that I took the funnel photos.
船の最大の特徴と言えばファンネル(煙突)であろう。距離があっても、大洋で出合う船のファンネルさえ双眼鏡で認識できれば、どこの船会社の運行船かすぐ判別できる。機能はほとんどないのだそうだが、どこの船もファンネルを廃止する気配はない。いわば船の顔のようなものなのかもしれない。船を愛でたり、心惹かれる者たちには拠り所のような作用もある。
 
船上での寄席を依頼されたある落語師匠から伺ったお話:
「日本から飛行機を何度も乗り継いで中東の果ての地までたどり着きようやく港に近づいてゆくと、遠くに白地に赤の二引きのファンネル(ASUKAII)が見えたじゃありませんか。そのときの安堵感たら言葉になりませんでしたね~、ああ、これで大丈夫、とね」
 
One of the prominent symbols at a glance of a ship is its funnel. When you see a dot-sized ship at a distance while cruising on the ocean, you can tell which shipping company it belongs to only if you can recognize the funnel through binoculars. Despite that funnels have no noteworthy mechanical function, no shipping company seems to get rid a funnel. It can be a face of a ship, and something for those who love ships to whet their curiosity.
 
I recall a story by a Japanese comic storyteller whom the ASUKA II, a Japanese largest passenger liner, called for stage: He started from Japan and transferred from one flight to others and finally found a way to the port at the end of the Middle East. At the moment he saw the funnel with two red parallel lines on white far away, the feeling was much more than a relief.
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。