薔薇の恐怖 Fear of Roses


  Re:夏の雪 Summer snow  http://magnifika.exblog.jp/14885515/

ブログのご友人の皆様

ご無沙汰しております。

5月末、3メートルほどの棚に絡んで咲いたつるバラ、「サマー・スノー」の花殻を木ばさみで取っていました。5月の晴れやかな空の下、1メートルの脚立の上にご機嫌で伸び上がってチョキチョキやっているmagnifikaをご想像ください。

突然、脚立がぐらっと、、、その瞬間あたりは真っ暗に、、、

頭の強打、右半身の強打、体のあちこちに青黒い打撲の痕跡、、、

今まで経験したことのない強烈な疼痛で狼顔負けの叫びをあげながら救急車で病院へ。ストレッチャーに乗せられ、行けども行けども天井しか見えない病院で3DCT, X線撮影などなどの検査をくぐり抜けました。

結果、肋骨2本骨折、幸い頭は打撲のみで内部は無事でした。

ドイツの詩人リルケは薔薇の棘に刺されそれが元で命を失いました。とてもロマンチックな詩人の死、と思いましたが、、、痛みの凄まじさに雄叫びをあげながら救急車で運ばれている自分は、ロマンチックではないけれど、これでもし命を落とし、だれかが真っ白い薔薇の花いっぱいの柩で弔っくれたら、、、それはそれでよろしい、、、などと痛みに支配されず残っているわずかな脳の領域で思っていたのでした。

漸く痛みが緩和してきたので、一言、病室からのご挨拶でした!

みなさまも、梯子や脚立でのお花のお手入れ、どうぞ十分ご注意なさいますよう!

At the end of the month of May, my climber rose, Summer Snow, almost finished the blooming season. I was cutting off finished flowers on a 1-m high step ladder. 

And it happened when I stretched for the high withered ones.

Thud!

That was the moment to put period on a beautiful pleasant day in my garden. I hit my head and right side of the body as intensely as my body bounced.

An ambulance carried me slowly to the hospital, slowly and gently because a slight dent on the road could kill me with pain.

I ended up on the bed of a hospital with two broken ribs, a head bruise, and bruises on my body.

Today is the first day I am a little free from acute pain. So the first thing I would like to tell and warn you: Make sure four feet of your ladder or stepladder are stably on a flat floor. Enjoy your gardening!

広告

「薔薇の恐怖 Fear of Roses」への11件のコメント

  1. Magnifikaさ~~ん
     もう~ビックリ仰天です。
     あのエレガントな美しいお庭での出来事・・・・
     天にも昇る様なお姿で作業為さっていたでしょうに~
     脚立が揺らいで一気に地獄へと~~あ~もう如何ばかりでしたでしょう。
     ご無事で好かったです。3Dさんのご心配の様子が目に浮かびますョ。
     オツムに何事も無く幸いでしたね。どうぞご自愛下さいませ。

    いいね: 1人

    • Kappaさん

      さっそくにおやさしいコメント有難うございます。ようやく病室が外の世界と繫がったおもいがいたしました! 最悪を回避できたことを今は感謝しているところです。
      3Gが病室にやってくると笑うことが多くなるので、痛みがこらえ難くなって困っています ^_^

      いいね

  2. magnifikaさん、ご無沙汰しております。
    この度は大変な事でしたね。さぞかし痛みが酷かったことでしょう。
    どうぞごゆっくり養生して下さい。快復をお祈りしております。お大事に・・・。
    こちらも脚立を使っての作業が度々あります(特に夫)ので、注意せねばと思います。

    いいね: 1人

    • charanさん
      こちらこそご無沙汰しております。

      早速お見舞有難うございます。自己過信が招いた事故だったと反省しております。お恥ずかしい限りですが、誰にでも起こり得る身近な事故ですので、敢えてみなさまにもご注意いただけたらと、打ち明けさせてもらいました。poranさんもプロ顔負けのお手入れもなさるので、十分ご注意の上、蓼科の高原生活をお楽しみくださいますよう。
      もう一度コメント、有難うございました!

      いいね: 1人

  3. magnifikajpさん、大変でしたね!早くよくなってくださいね!

    いいね

    • tukusigalさん

      有難うございます。わずかな不注意で長い時間を病院で過ごすこととなってしまいました。良い子にして退院の日のくるのを待ちたいと思います。

      いいね

      • リルケがバラのとげが元で亡くなったということ、初めて知りました。なんか、白いバラの棺って、魅惑的ですね(自分もそうしてもらいたいような)。でも、そんなのは遠い将来の日のことでありますように!!

        いいね: 1人

  4. 今さらかもしれませんが、お体、その後大丈夫でしょうか。
    もう退院されていますでしょうか。
    少しでも早く治ることを微力ながら祈っています。

    いいね: 1人

    • shkさん
      コメント有難うございます。
      お陰様で退院しまして、日々徐々に不自由が解消してきています。皆様の投稿が何より楽しみなこのごろです😊

      いいね

  5. I wish you a quick and complete recovery. Many loves dear friend !

    いいね: 1人


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。