田母沢御用邸記念公園の意匠-1 The Design of Imperial Family’s S

投稿者: magnifikajp

2016年5月02日

タグ:, ,

カテゴリー: Trips & Travels, Uncategorized

4件のコメント

絞り:f/2.4
焦点距離:3.3mm
ISO:80
シャッター:1/0秒
カメラ:iPad mini 2

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

 

 

 

400 year-old cherry tree

image

 

 

 

 

 

image

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

田母沢御用邸は明治32年創設。従来からあった建物に東宮御所からの移築され、大正時代には大規模な増築がなされ、江戸、明治、大正の建築様式の混在を見ることができる。病弱だった大正天皇の皇太子時代、夏の静養所として使用され、2000年記念公園として一般公開。撮影もほとんど制限ない。

池にはモリアオガエルが鳴き、自然の空気に満ちた公園である。この時期の名物は樹齢400年と言われるしだれ桜。私が訪れた時は、やや満開を過ぎた頃であったがまだ十分名残を楽しむことができた。

Tamozawa ex-Imperial Summer House is not very far from Nikko Toshogu, Tochigi Prefecture It was primarily constructed in Edo Period, added with the brought- over buildings from Crown Prince palace in Tokyo in Meiji Period, and extended in a large scale in Taisho Period. You can see the interesting blend of architecture of the three Emperors’ periods.

Now it is a park open to the public. Here, photo-taking is allowed at most of the places. Its garden is not so big but well-ballanced and full of seasonal
charm. When I was there, I heard (Moriaogaeru) frogs ribbitting in the pond, very vulnerable species to the unfriendly environment.

 

 

 

広告

「田母沢御用邸記念公園の意匠-1 The Design of Imperial Family’s S」への4件のコメント

  1. 苔が素敵だ~~~~ぁ!!

    いいね: 1人

  2. 400才の桜の木があるんですね!

    いいね: 1人


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。